禁煙できないのはただの甘え?

禁煙できない自分にイライラしていませんか?禁煙はできないのが普通です。無理に自信を失うようなことはしなくても、今は禁煙のガムや薬などの力を借りて禁煙する人が数多くいます。

禁煙できなくてイライラしている男性

禁煙するための商品や薬はどのくらいあるのか

禁煙を考えた事がある方はもちろんですが、煙草に興味が無い方であっても認知されているのが、禁煙すると太るということです。実際に、禁煙すると基礎代謝が低下するのにも関わらず、食欲が高まるので、平均的に4キログラム程度体重が増加します。また、煙草を咥えないことによる口寂しさや、イライラ感から通常よりも多くの食事を口にすることで、体重が増加すると言われています。中には、禁煙後の体重の増加が気になるあまり、再び喫煙してしまう方も居るほどです。このように、禁煙と体重のコントロールというのは、切っても切れない関係性があり、経過観察するためには、無視できない情報です。体重が増えると、外見に変化が起こり、洋服が着られなくなるといった弊害が起こりますが、体重をコントロールするためには最適な時期があります。禁煙と肥満の関係性は、あまりにも有名なので、煙草をやめるのと同時に、ダイエットも行う方が多いです。禁煙を開始すると、ニコチンが不足することで、ストレスがかかる上に、生活習慣の変化も相まって、とても大きな心理的負担になります。このように、心理的負担が大きな事柄を、同時に行うと目標達成することが困難になり、どちらかが疎かになってしまいます。最悪の場合、両方の目標が達成できずに、ストレスだけが残ってしまうという可能性も捨て切れません。こうした点から、禁煙を始めた頃は、禁断症状を乗り越えることに注力し、体型維持については禁断症状が落ち着く2ヶ月後からスタートしましょう。ただし、現在持病として糖尿病を患っていたり、タバコをやめるために、既に薬剤を利用して対策を講じている場合は、初期段階から運動を行っても良いです。

日本で買える禁煙関連製品

家族が禁煙する時に、どのようなサポートをしてあげたら良いのかが不明瞭な方というのは、多いものです。そして、禁断症状により、八つ当たりされることを心配している場合も多いものです。禁煙する当事者にとって、最も頼れる味方は家族です。禁煙を目指す方というのは、意志の強さなどに左右されることなく、体内のニコチン不足により、必ずイライラしたり、元気を無くしてしまいます。こうした状況下で、家族が行える事として、まず褒めることが挙げられます。人間、誰しも褒められて嫌な気持ちをする人は、居ません。褒められるほど、伸びていくものです。長期間、禁煙を継続させるためには、自信を持つことが最重要です。そのため、周囲の方々は、当事者の自信を強くしてあげることに注力してください。次に、喫煙したくならないための状況にする事も大切です。禁煙している時に、身近に煙草があると、つい手が伸びてしまうものです。煙草のみならず、灰皿やライターといったタバコに纏わるグッズも処分したり、当事者がわからない場所に保管するようにしましょう。そして、喫煙する場所というのは、葉や灰が散らばっている事が多いので、これまで喫煙していた場所を掃除するのも有効的です。また、禁煙に一役買うガムといった小物を、購入するのも良いです。禁煙する上で、大切なのが、吸いたい気持ちを抑えるということです。我慢するだけでは、どれほど意志が強い方であっても、限界があります。吸いたいと感じた時に、気持ちが抑えられるグッズがあれば、気持ちを紛らわせやすいです。禁煙グッズは、できるだけ多くの種類を用意しておくことが、最適です。グッズを選ぶ楽しさも、気持ちを維持する上で役立ちます。

禁煙に成功する人と失敗する人の違い

禁煙しようとしているかどうかが大きなカギです。どんなに周りが禁煙した方がいいと言っても自分自身が禁煙しようとしないかぎり成功はありえません。タバコに依存する人は状況に依存することも多いです。たとえばコーヒーを飲むとたばこを吸いたくなる人やお酒を飲むとたばこを吸いたくなる人、また、たばこを吸っている人を見ると吸いたくなったりとさまざまなシチュエーションに依存することがあるのです。逆を返せばこの状況をコントロールして禁煙へ持ち込むことが可能となります。まず、コーヒーとたばこを切り離してみます。コーヒーを飲んでもたばこは吸わずにコーヒーを飲み終えてから喫煙所へ行くようにするのです。するとたばことコーヒーが切り離されコーヒーを飲んだからと言ってたばこが吸いたくなるという状況は起きにくくなります。次にいつもより遠い喫煙所に通うようにします。すると、面倒だから行くのをやめたり、回数が減るようになります。今はあらゆる場所が禁煙となっているので吸っている人を見る機会は喫煙所でもいかない限りないからです。また、お酒に関してもコーヒーと同様に切り離し作成が効果的ですがお酒も依存性の高いものなので自分ができる範囲から始めるのがいいです。たとえば一回の飲み会で吸える本数を制限するなどの手段があります。このように状況をどんどん追いつめていくのがいいのですが、決して無理はせず自分ができるだろう範囲で始めることに意味があります。というのもたばこには精神安定を求めている人が多いので無理をしてしまうとかえってストレスをため込んでしまい禁煙そのものが失敗に終わってしまうからです。自分のできる範囲で達成感を得ながら楽しく禁煙できることが成功の秘訣です。